宅配クリーニングは毛布もOK

宅配クリーニングは毛布もOK

布団は毎日使用するものですが、クリーニングに出しているという方は少ないのではないでしょうか。

自宅での洗濯は難しいため、天日干しをするだけで済ませてはいませんか。

布団はできれば半年に1回洗うのがおすすめです。

さらに夏になれば汗をかきますし、ダニも繁殖しやすくなっています。

こんなときに便利なのが宅配クリーニングです。

この記事では、宅配クリーニングで布団を丸洗いすることがおすすめの理由をご紹介します。

毛布は宅配クリーニングが便利

宅配クリーニングは布団も丸洗い

寝具にこだわりを持っている人も最近では増えてきましたが、寝具の清潔感にはこだわっていますか。

どんなに寝心地の良い布団でも、清潔でなければ意味がありません。

布団を丸洗いする方法は、自宅で行う方法と、クリーニング店を利用する方法の2通りがあります。

自宅で洗う場合はコストが抑えられますが、時間と手間がかかります。

また、天気を気にしたり、洗濯機の容量が必要だったりという問題もあります。

宅配クリーニングを利用した際のメリットとデメリット

それでは次に、宅配クリーニングを利用した際のメリットとデメリットを見ていきましょう。

宅配クリーニングのメリット

宅配クリーニングは、自宅まで布団を受け取りに来てくれるのが最大のメリットと言えるでしょう。

仕上がれば、再び配送をしてくれるので手軽に利用することができます。

 

店舗型のクリーニングでは、毛布のクリーニングをするために、重たい毛布を運んだり、また仕上がれば受け取りに行ったりと、店舗型のクリーニングには労力がかかります。

その点、宅配クリーニングなら家で待機するだけと便利なシステムです。

 

公式サイトやメールで依頼をすれば、好きな時間に取りに来てもらえますし、配送も都合のいいときにしてもらえます。

自宅でのクリーニングはコスト的に抑えられるのが魅力ではありますが、天候に左右されたり、干す場所の確保が必要であったりと、頭を悩まされる可能性があります。

さらに外干しでは、PM2.5や花粉も気になることでしょう。

 

しかし、冬場は乾きにくいため室内干しはあまりおすすめできません。

 

またクリーニングをプロに任せることができるというのも、自宅のクリーニングでは得ることができないメリットのひとつです。

素材や仕様を考えて、ラベルだけでは判断できない最善の方法でクリーニングをしてくれます。

宅配クリーニングのデメリット

対してデメリットは、店舗型のクリーニングに比べて時間がかかることです。

クリーニング作業以外にも、集荷や配送に日にちを要するため、スピードを求める方には遅く感じてしまうかもしれません。

早い納期で仕上げてくれる業者もありますが、平均して10日前後必要です。

宅配クリーニングの特徴として、クリーニング後に保管してくれるプランを用意している業者も多くあります。

この場合は、そのまま次のシーズンまで保管してもらうので、仕上がりの日数はあまり気にしなくていいと言えます。

気になる方は注文前に必要日数をしっかりと調べておきましょう。

他には、細かい部分の話を口頭で気軽に伝えることができません。

気になる点があれば、電話やメールで問い合わせることになります。

 

また、宅配クリーニングのデメリットは、配送料がかかるため若干費用が割高になってしまう点です。

宅配クリーニングの業者によっては、お得なパックプランが用意されているので、家族分をまとめて出すなどするといいでしょう。

他にはクリーニングが終了して納品されるまでに日数がかるのもデメリットと言えます。

これも業者によって必要日数が違ってきますので、自分の都合に合う宅配クリーニングを探しましょう。

毛布のクリーニングにかかる平均相場や料金

宅配クリーニングと店舗型クリーニングの毛布のクリーニング料金を調べてみました。

宅配クリーニングの平均相場・料金

毛布の素材によってもクリーニングにかかる料金は違いますが、シングルタイプで950円~2,500円、ダブルタイプで1,600円~3,500円が平均の相場となっています。

宅配クリーニングでは、毛布の作り(一重、二重)で料金がかわらない業者も多くあります。

また、宅配クリーニングには毛布の詰め放題プランや、毛布を数枚まとめてクリーニングするパックプラン、他の寝具と組み合わせるプランなどが用意されています。

これらを利用すると、料金がお得になるのでおすすめです。

店舗型クリーニングの平均相場・料金

こちらも素材によって違ってはきますが、シングル一重で700円~1,100円、シングル二重で800円から1,600円が平均の相場となっています。

高級な毛布の場合は、約2倍の料金になることもあります。

宅配クリーニングと店舗型クリーニングでは、配送などもあり、宅配クリーニングの方がやや高めに料金が設定されています。

このため、宅配クリーニングではお得なセットプランを利用するのが正解です。

店舗型クリーニングは安い分手間がかるというデメリットがあります。

毛布は布団よりは軽いとはいえ、枚数があると持ち込むのも一苦労です。

毛布のクリーニングにかかる期間

宅配クリーニングは、業者によって仕上がりまでの日数に違いがあります。

一般的に2~3週間を目安に考えておくといいでしょう。

探せば1週間ほどで仕上げてくれる業者もあるので、出すタイミングに合わせて宅配クリーニング業者を選びましょう。

店舗型クリーニングの平均的な日数は、1~2週間ほどです。

いかがだったでしょうか。

毛布の仕上がりは、自宅で洗濯するよりもクリーニングの方が格段に良くなります。

これは、毛布の洗濯では乾燥が大切なためです。

とくに二重や厚手のものは中まで乾くのに時間がかかります。

クリーニングでは高温で一気に乾燥させることができるので、フワフワとした肌触りに仕上がりますし、ダニも除去できます。

さらに自分のタイミングで好きなときにクリーニングに出せる宅配サービスは、忙しい現代人にはおすすめのサービスです。

宅配クリーニング、ぜひ利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA